中学受験の戦略:いかにして勉強するか

文章の基本は述語

文章が読めない人は、主語をすぐ省略する

国語基本は、まず文章がわかる事。

 

文章がわかるというのは、その文章が何を表現しているのか理解できるという事だ。

 

で、文章の中で一番大事なのは、述語だ。

 

主語のない文章はあるが、述語のない文章はない。

 

述語がないのは文章とは呼ばない。

 

だから文章を理解するには述語を見つけ、そしてその述語に対応する主語を見つけるというのが大事な作業になる。

 

これを意識しているかどうかは、話し方ですぐわかる。

 

主語・述語を意識している人は、主語を可能な限り言う。

 

話というのは、何か伝えたい事があるから話すわけだが、伝えるためには主語と述語がハッキリしていないと伝わらない。

 

それがわかっているから、主語はできるだけ落とさない。

 

逆に言うと、感覚で生きている人というのは、話をしても主語が曖昧で、どんどん脱落する。

 

学習塾の講師にも、そう言うタイプはいるから、注意が必要だ。

 

こういう講師は、贔屓(ひいき)はするし、自己中心。

 

自分と他者の区別が付いていないし、子供の事を見ていない。

 


国語の第一歩は、核文を押さえる事

誰がどうしたとか、何がどうだというのは、文章のだ。

 

言語には核文(核になる文)というのが5〜12くらいあって、英語では7つの核文が英語という言語を作っているという。

 

日本語の場合、核文がいくつあるのかは知らないが、そういう核文をしっかり押さえられるかどうかが、国語学習の第一歩と言う事になる。

 

で、一番簡単な核文は、

  • 誰が・どうした。

     

    (述語が動詞)

  • 誰が・どうだ。

     

    (述語が形容詞または形容動詞)

の2つになる。

 

主語がモノの場合は、

  • 何が・どうした
  • 何が・どうだ。

     

と言う事になるが、まああまり変わらない。

 

日本語の場合、主語が省略される事が多いので、省略された主語が何であるかが、一々確認していく癖が付かないと、長文を読んだ場合、誰がどうして、何がどうなったのか、わからないという事になる。

 

出口汪さんの「新日本語トレーニング」では、最初に主語・述語と他の言葉の係方を何度も問うているけど、結局これができないと、どうしようもないんだね。

 

京大を目指しているような受験生でも、和文英訳ができなかったりするんだけれど、日本語の主語・述語関係を意識的に読みとるのは結構難しいんだ。

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加