国語の勉強は、まず言葉を覚える事

更新日:

国語勉強は、まず言葉を覚える事だ。

 

文法もいいが、言葉がわからないと、話にならない。

 

そして漢字読み書きがスラスラできる事だ。

 

これができないと、国語の問題文を読むだけでも時間がかかる。

 

識字障害などがあると、ちょっと難しい問題文を読むのに、1時間以上はかかるし意味もわからない。

 

これでは模試で高得点を狙うなど、まず無理な話だ。

 

ちなみに識字障害とは、文字の読み書きに異常に時間がかかるなどの学習障害で、人口の1~2割くらいは識字障害だ

 

識字障害は、小学校4年生くらいから目立ちはじめ、抽象的な言葉が増えてくるに従って字が読めなくなる。

 

中学生でbとdをすぐ書き間違える子供がいるが、アレも軽い識字障害で、とにかく文字の音読と読み書きの毎日の練習が必要だ。

 

識字障害については、こちらにまとめてあるので参考にして下さい。

 

学習障害は誰にでもある


漢字の練習には方眼ノート

読売テレビの『秘密のケンミンショウ』という番組で、以前、長野県の白文(はくぶん)帳の話題を紹介していた。

 

長野県の公立中学では、毎日、白文帳というノートに漢字をたくさん書いて提出する宿題があるんだとか。

 

この白文(はくぶん)というのは、送りがなのついていない漢文のことだ。

 

返り点やレ点などが付いていない漢文を白文というらしいが、要するにおくりがななどを書かずに漢字だけ書くということだ。

 

漢字をノートに書かせるというのは、塾などでもよくやっている方法ではある。

 

しかし漢字専用のノートを白文帳と呼ぶのは長野県独特かも知れない。

 

で、その白文帳とは、どんなノートかというと、1センチ方眼のノートだ。

 

方眼に1つの文字を書き込んでいて、一日に2~300文字くらいを書くらしい。

 

もちろん、眼に納まらないような大きな漢字は、二つマスを使っても良いようだが、器用に人マスに『龍』なんて言う字を書く生徒もいた。

 

ただこれは中学生だからOKなのであって、小学生だとちょっと升目が小さすぎる感じがするね。

 

漢字の練習は、方眼ノートを使え

広告

毎日の基礎学習に

計算と熟語(新版)

計算と熟語 6年 改訂新版

中学入試 でる順過去問 漢字 合格への2610問

小学生の語彙力アップ 基礎練習ドリル1200



Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


オススメ教材

親子で学べるバイリンガル英語
ハッピーイングリッシュ

文章題も得意になる算数タブレット
RISU算数