中学受験はフェイズに分けて考えろ

中学受験はフェイズに分けて考えろ

中学受験のフェイズ分け

中学受験フェイズというのは、こういう風になる。

 

フェイズ内容目的
フェイズ1学校や塾などで基本的なことを教わるフェイズ知識の導入
フェイズ2勉強に必要な『基礎学力』を構築するフェイズ受験勉強円滑化
フェイズ3基礎点を確実に稼ぐ学力を構築するフェイズ必答問題完答
フェイズ4発展問題を解く学力を構築するフェイズ応用問題
フェイズ5テストで点数が取れる力を構築するフェイズ過去問
フェイズ6試験直前の準備フェイズ総復習と体調管理 
中学受験というのは、こんな風に6つのフェイズに分かれていると思えばいい。

 

前半の1から3までのフェイズは基礎学力を養うフェイズ。

 

そして後半の4から6のフェイズは、本番の入試に合わせた対策をするフェイズになる。

 

スポンサードリンク

フェイズ分けが必要なわけ

なぜ受験勉強を、こういう風にフェイズに分けて考えるかというと、フェイズによって、やることや必要なことが違うからなんだ。

 

「基礎がないのに、実践練習してもダメって事だっけ?」そうだね。

 

ミキちゃんの大学受験の時は、まず、問題集の問題を解く前に、基礎的な学力作りをみっちりやったね。

 

ミキちゃんは、英語の問題を1ページやるのに辞書を10回も20回もひく有様だった。

 

だから問題集で勉強しても全くはかどらなかったし、学力も全然上がらなかったワケだ。

 

受験勉強というと受験用の問題集をやればいいって思いがちだ。

 

だけどその前に、受験用の問題集を解くための基礎学力ができてないとダメなんだ。

 

それをまず最低限、身につけないといけないわけだね。

 

目指す学校に合格するには、入試でまず必答問題を確実に解いていかないといけない。

 

そして残りの問題のうち解ける問題を少しでも多く解いて、合格点を作らないといけない。

 

だけどそもそも読み書きができないのに漢字の問題で点数を取ることはできないし、計算が満足にできないのに、文章題を解くのは無理だ。

 

だから、

  1. まず知識に触れて(フェイズ1)
  2. 覚えるべき基本事項を覚えたり、計算練習を十分して(フェイズ2)
  3. 必答問題を確実に点数にする(フェイズ3)
  4. さらに点数を重ねる(フェイズ4)
という風に、段階を踏んでいく必要があるんだ。

 

受験に臨むのであれば、今、子供がどのフェイズにいて何をすべきか、それを常に意識して指導しないといけない。

 

ただやみくもに、たくさん問題を解かせたり、ガミガミ言って覚えられもしないことをたくさん覚えさせようとしてもムダだ。

 

そんなことをしたら、子供に<勉強=嫌なもの>という条件反射を作ってしまうからかえって逆効果だ。

 

それよりもまず、子供にさせるべき最小限のことが何かを知り、それだけを達成させることに集中しよう。

 

ローマは一日にして為らずだ。

 

次は、中学受験・フェイズ1の勉強法について話そう。

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加